コーチング

何のためにトレーニングに取り組むのか。トレーニングでしていいこと、悪いこと。

永野明
2017.11.14

アスリートに限らず、みんなトレーニングってやっているような気がします。

筋力トレーニング、メンタルトレーニング、体幹トレーニングはもちろん、ヨガとか習字とかピアノとか、習い事だって毎回レッスンに行くし、試合や発表会のためのトレーニングを欠かさずやります。

では、何のためにトレーニングをやるのでしょうか。

 

 

僕にとってトレーニングというのは、基礎体力の維持・向上はもちろん、技術の復習・維持・確認そして新たな技術の習得だと考えています。そして、競技の基本ルールや目標とする大会のルールの確認なども、トレーニングという枠の中に含めて行うことだと思って、僕は取り組んでいます。

格闘技の場合は、練習相手のことを思い、相手側のトレーニング(技の習得など)に付き合うことも大事な要素です。

先日、我が障害者プロレスFORCEの練習において、本当に残念なことが起きてしまいました。

FORCEでは基礎トレーニング(柔軟・マット運動・受身など)を行った後、タックルやスパーリング(模擬試合)など実践で使えるトレーニングを行います。例えば、タックルの練習では、不得意な選手にはその都度ポイントなどをアドバイスし合いながら、声かけや確認を行い、選手の技術の向上に選手個人のみならず全員で努めます。

ですが、今回は、練習相手が不得意な選手の練習に付き合わず、練習をさせない。とにかく相手に何もさせない。技の練習なのに技をかけさせない。スパーリングで劣勢になったら、なんと、禁じ手(相手選手のお尻の穴に指を入れようとする…)や反則で逃げようとする。

これはトレーニングと言えるでしょうか?自分自身だけでなく、相手がいてトレーニングできることは本当にいい環境ですから、そこは先輩後輩などの上下関係や人間関係の好き嫌いが介入する隙間はないと僕は思っています。今回の件は、選手本人の性格なのか、トレーニングに参加する選手としての気持ちなのか、よく分かりません。

トレーニングで回避方法を学ぶ選手は試合に出ることはできますが、反則(ズル)するような選手は試合に出ることはできません。

 

 

何のためのトレーニングなのか、何を目標にしてトレーニングをしているのか。選手がそれらを理解せずに参加しているというのは、本当にもったいないことだなと痛感しました。FORCEにおいては、単に僕の指導技術不足という一面もあるかと思いますが。

集団のトレーニングにおいて、自分のことだけを考えることは何にも意味がないなと改めて思いました。お互いに学び合って、どんどん成長していってもらえれば嬉しいのです。

僕のプロレス団体での出来事を書きましたが、アスリートは常に何か目的を持ち、その先で想定される事を想像しながら日々のトレーニングを積み重ねなくてはいけません。

本当に残念な出来事でしたが、僕自身が勉強になった事例を忘れないためにまとめました。

このエントリーをはてなブックマークに追加