障害者スポーツの未来とは

障害者スポーツという言葉を見ると、多くのひとは「パラリンピック」を思い起こすかもしれません。2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることもあり、そのイメージはより強くなることでしょう。

しかし、聴覚に障害をもつアスリートがデフリンピックを目指すように、すべての障害者アスリートが目指す先にパラリンピックがあるわけではありません。義足ユーザーが陸上や水泳でパラリンピックを目指せても、サッカーではパラリンピックを目指せない(パラリンピック種目ではない)ということだってあります。決して「障害者スポーツ=パラリンピックスポーツ」ではありません。

スポーツをやりたい!と願った障害者すべてが、みんなアスリートになりたいわけでもありません。これは、障害者に限った話ではないでしょう。スポーツ好き全員がアスリートではありません。リハビリ、健康維持、趣味。いろんな楽しみ方があっていいはずです。

また、障害者スポーツは障害者だけが楽しむものなのでしょうか?健常者(という言葉を使いますが)が一緒になって楽しんでもいいはずです。実際、健常者が参加できるスポーツも多数あり、障害の有無に関わらず、みんなで楽しむスポーツも至るところで行われています。

「障害者スポーツの未来」は、より多くのひとにとって障害者スポーツが身近なものになればという想いから立ち上げたコラムサイトです。アスリートや競技紹介に留まらず、コーチ目線で語る障害者への関わり方や協会運営から学ぶ組織論など、障害者スポーツ以外にも通じる情報をお伝えできればと考えています。

スポーツニュースは、そもそもスポーツに興味があるひとしか見ないもの。読まないもの。このサイトは、障害者スポーツなんて興味がない、知らないといったひとに少しでも届けばと思い、様々な切り口で皆さまに情報を届けていきます。

「障害者スポーツの未来」編集局